スターウォーズの新作

いよいよ12月には、スターウォーズの新作がお目見えですね。
エピソード3から10年ぶりです。
ええええ!10年も経ったの!?と思いましたけども、
なんせ今から楽しみで仕方がないと同時に
若干の不安もあります。期待と不安は表裏一体です。

どんなスターウォーズが来ようが、どんと来いと言いますか、受け止める気はある。
だってどんなスターウォーズでも好きだもの。
でもな、言いたいことはあるねんで。
ジャージャーはアレ要るのか!?とか、ハン・ソロは先に撃ったんだよ!とか、
ありますよ、創造神に向かって叫びたいことは。でもそれも込みで受け容れるのです。

今回の新作はJJ・エイブラムス監督。
最初に発表があった時は、「スタートレックもスターウォーズも撮るなんて…
あなたが失われし天と地の絆をつなぐ者かよ…その者青き衣をまといて…かよ…」
と一瞬絶句しましたが、実力のある監督なので期待しかしていません。
あとはあれだ、レンズフレアエフェクトをどこまで多用してくるか、
あんまり使いすぎると興ざめだから、ほどほどにね?というくらいでしょうか。

しかし公開方法がちょっとまだよくわかりません。
何なのかしら、プレミア感煽ってるのかしら。
普通に先行とか先々行とかそういうのでオールナイト上映してくれたらそれでいいのに…。
とりあえず、詳細の続報をおとなしく待ちます。

 

お友達紹介:ジャックポッドシティカジノ

スターウォーズを見る順番

スターウォーズを公開順に見るか、エピソード順に見るかで大喧嘩したことならあります。
いや、正直どっちでもいいんです、楽しめるのなら。
でもね、公開順の見方を私を否定しやがったんですよそいつは。
人の楽しみ方を否定するのはダメです。一番やっちゃいけないことです。
みんな違ってみんないい。
お前と俺は住み分けよう。タタラ場と森で、永遠に交わることなく。それでいいじゃん。

というわけで、公開順派の筆者ですが、それは何故か、理由を書いておきます。
もちろん、エピソード順に見たっていいんです。そういう人の楽しみを否定はしません。
でも、未見の人に「どっちがいい?」って聞かれたら俄然公開順に見ることをお勧めします。

理由その1:映像技術の新旧
スターウォーズ第一作、新たなる希望が公開されたのはいつかご存知ですか?
1977年です。もう40年近くも前の話です。
新三部作であるところのエピソード1は1999年、20年の隔たりがあります。
この20年で、映像技術はどれだけ進化したでしょうか。
もうね、大人と子供というか、全然違います。
エピソード順に見ると、映像が急に古くなることで違和感が生じます。
だから私は、公開順に見た方がいいと言いたい!

理由その2:謎解き
まあもう誰が誰の父かとか、わかったうえで見る人がほとんどでしょう。
ネタバレ済というやつです。
それでも、公開順に見た方が、当時の観客のワクワクを
追体験できるんじゃないかと思うわけです。
しかし幽体にヘイデンをアレしたルーカスは本当にアレなので
いくらスターウォーズ世界の創造神だからってやっていいことと悪いことがあるぞと
これはもう別の話になるので割愛しますけど、小一時間問い詰めたい。
それは置いといて、だから私は、公開順に見た方がいいと言いたい!

理由その3:だってそういう風に公開されたんだもん
映画『メメント』のように、現在から過去へ遡っていく形式の見せ方ってあります。
スターウォーズは、未来→過去の順に遡った形で三部作があり
そのように公開されたんだからそのように見るべきでござる。という原理主義です。
新三部作は、物語の時系列としては過去ですが、言うても後付けの過去、
身も蓋もない言い方をすると、旧三部作のヒットがなければ生まれなかった過去です。
そういう意味でも、だから私は、公開順に見た方がいいと言いたい!

そういうわけで、好きな順で見たらいいんですけども
「どっちがいい?」と聞かれたらこう答えますっていうアレです。住み分けましょう。

 

お友達紹介:おしゃれでスタイリッシュな本棚の通販
http://afn2010.com/